東京産のピッグスキンを使ったバッグ 1 

Img_b7457d7a8e19165ae9aa433df356b81e
バケットミニポシェット
Img_25ec1f5c214c8c9f873c8d9f64ed6bb4
アンティッククラッチ
Img_89a63c26b87ecd13897bcb9e13ea56de
メッセンジャースタイルのバッグ
2016年春から、ピッグスキン(豚革)を使ったバッグを作り始めました。
日本国内で使う豚革のほとんどは、原皮からなめし、染色まで国内産です。
そして、その80%が東京で製造されています。
今使っている革は、タンニンなめしで耐久性に優れ、繊維が密で型崩れしにくい革です。
なめし・染色工場独自の技術による、イタリアンレザーのような光沢と色の深み、アンティック調の色調が魅力です。

東京産のピッグスキンを使ったバッグ 2

Img_fe002be865247a2d64b93032990463b4
Img_e8fecf0efbcffe3fd5f275b5b1496ef1
Img_dea0ec1ca3df1028d6c4853da92de937
天然皮革ならではの、色の深みとアンティック調のムラが特徴です。